小児整形外科とは

小児整形外科は、成長期にある子供を対象とした小児専門の整形外科です。外見からもお分かり頂けると思いますが、子供は骨や筋肉の発達途上にあり、日々、急速な成長を遂げています。例えば骨折したときは、早めに適切な治療を行わないと、将来的に影響が出かねません。当クリニックでは、発達段階にある子供の病気やけがを、成長過程をよく踏まえながら治療し、後遺症などが残らないように配慮いたします。

お子様の疾患はご相談ください

子どもに特有の疾患は、一般整形外科ではなく、小児整形外科に詳しい専門医が診療したほうが好ましいケースが少なくありません。お子様が骨折や打撲、捻挫などのけがを負ったときをはじめ、O脚・X脚、先天性股関節脱臼、若木骨折など整形外科領域の疾患がみられましたら、また何か体で気になることが出てきましたら、なんでもお気軽にご相談ください。

小児整形外科の主な疾患

O脚

外見上、がに股のように膝が外側に開いている状態です。保護者の中には気になさる方もいらっしゃいますが、2歳くらいまでは多くの子どもが軽いO脚です。成長とともに自然に矯正されるため、ほとんどは心配いりません。但し、歩き始めた頃にO脚が目立つようなら、くる病などの可能性もありますのでご相談ください。

X脚

X脚は、両膝が内側に弯曲した状態です。左右の膝の内側を揃えようとしても、左右の内くるぶしが離れてしまいます。そのため、両脚がアルファベットのXのように見えます。通常は2歳頃からX脚となり、7歳頃には成人の脚になってきますので、7歳以降のX脚には注意が必要です。

発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)

発育性股関節形成不全は、赤ちゃんの股関節が脱臼していたり、さまざまな程度に不安定になっていたりする状態を指します。かつて先天性股関節脱臼と呼ばれたものもこれに含まれます。足を動かした時にポキポキ鳴るとか、歩き始めが遅く、足を引きずるようにしている場合などは、この病気の可能性があります。放置していると股関節の軟骨がすり減ってしまうので、早めに治療するようにしましょう。

若木骨折

子供の骨は大人と比べると柔らかいため、過度の外力がかかったときにもポキリと折れず、若木が曲がったような状態になります。このような骨折は手首などでよく見受けられます。外から見て手が曲がってしまっていても、触らなければあまり痛がらないことも多いため、小さい子どもでは特に注意が必要です。骨が成長する時に伸びる箇所を損傷したりすると、骨の成長が止まったり、将来的に変形が定着してしまうこともあるので注意が必要です。

小石川整形外科
電話番号
03-3816-2002
FAX
03-3816-2004
所在地
〒112-0002
東京都文京区小石川1丁目5番1号
パークコート文京小石川 ザ タワー3階
診療内容
整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科
院長
丸山 剛
アクセス
都営三田線・大江戸線「春日」駅徒歩1分(駅直結)
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅徒歩3分
JR総武線「水道橋」駅徒歩12分
受付時間:午前は12:30、午後は18:30まで
● 水曜日・土曜日 9:00~13:00(受付12:30まで)
休診日:日曜日・祝日
診療時間 日祝
9:00~13:00
15:00~19:00