リウマチとは

リウマチは中高齢の女性の方に多くみられる疾患です。本来ならば病原菌などの外敵を攻撃するはずの免疫機能が暴走してしまい、自分自身の身体を攻撃するようになります。そのため、手足の関節が腫れたり痛んだりしてしまい、仕事や家事などに影響が出ます。炎症は関節周辺に留まらず、目や肺など全身に拡がることもありますし、微熱や倦怠感、食欲不振などの症状が現れることもあります。進行すると、骨や軟骨に小さな欠損部ができたり、さらには関節の破壊や変形をきたしたりすることもあり、整形外科での手術が必要となります。

リウマチの初期症状

リウマチになったとしても、いきなり関節が破壊される訳ではなりません。最初の頃は、朝方に手足の指関節がこわばる、関節のあちこちに違和感がある、手足のしびれや痛みがあるといった症状にとどまります。しかし、放置していると関節が変形し、日常生活に大きな支障が出かねませんので、早めに治療を開始することが大切です。

リウマチの診断

リウマチは、問診、ならびに血液検査・画像検査・関節エコー検査などの結果を照らし合わせて、総合的に診断されます。リウマチと似たような症状を起こす病気はいくつかあります。たとえば指の第一関節が硬く腫れる変形性指関節症は(へバーデン結節)、中年過ぎの女性に多いこともあって、リウマチとよく間違われます。男性に多い痛風では、足の親指などが腫れて痛みますが、ほかの関節に炎症の生じることが比較的少ないため、リウマチと区別できます。

リウマチの手術療法

専門のお薬やリハビリを行っても痛みが治まらない場合や、関節障害のために歩行が困難になるなど、日常生活に支障が生じている場合には手術を行います。近年、手術技術は大きく進歩しており、また優れた人工関節も開発されています。症例によっては、皮膚の切開する長さが短く、周辺筋肉も殆ど切り離さない最小侵襲手術を行なえることもあります。当院の近隣には大学病院が多く、密に連携もしておりますのでご相談ください。

小石川整形外科
電話番号
03-3816-2002
FAX
03-3816-2004
所在地
〒112-0002
東京都文京区小石川1丁目5番1号
パークコート文京小石川 ザ タワー3階
診療内容
整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科
院長
丸山 剛
アクセス
都営三田線・大江戸線「春日」駅徒歩1分(駅直結)
東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅徒歩3分
JR総武線「水道橋」駅徒歩12分
受付時間:午前は12:30、午後は18:30まで
● 水曜日・土曜日 9:00~13:00(受付12:30まで)
休診日:日曜日・祝日
診療時間 日祝
9:00~13:00
15:00~19:00